上司やベテランスタッフからの声掛けが励みになります!

オレンジBOX おおつや 吉田彩佳 〈入社1年目〉

Q1.大津屋に興味を持ったきっかけはなんですか?

大学3年生の頃に商工会議所主催のインターンシップに参加した際に、たまたま大津屋のインターンシップに行くことになりました。

インターンシップを通して詳しく大津屋がどのような会社なのか、社員の方の雰囲気とかが分かり、そこから興味を持ち始めました。

Q2.どのような仕事を今はしていますか?

今は店舗で接客・調理・発注をしています。

接客では「丁寧に・笑顔で」、厨房では「どうやったら効率よくできるか」に気を付けて仕事をしています。

発注はその日のお惣菜の売れ具合で食材の在庫が左右されるので、常に暇があれば冷蔵庫やバックヤードをチェックし、状況をみて発注数量を決めています。


Q4.仕事で苦い経験はありますか?

お店のキャンペーンで、それに合わせて新商品を出したときに、私が発注を担当したのですが、その時に発注ミスをしてしまいました。

大体の一日の生産量を考えて発注数を決めたのですが、予想以上に売れ、予約も入り、材料が足らなくなってしまいました。結果的に生産量を抑えることになってしまいました。

なので、次は多めに発注したのですが、そうしたら逆に余ってしまい、在庫を一掃するために、他店舗にもらってもらえないか交渉の電話をかけてなんとかなりましたが、迷惑をかけてしまった…

次からは生産量を確認した上で、不安があれば上司やベテランスタッフに相談していこうと思いました。

Q3.仕事でどんなときが一番嬉しいですか?

自分が作ったお惣菜や丼が売れたときです。

やはり、美味しそうじゃないとお客様の目には留まらず、買ってもらえないと思います。出来立てを出してすぐに売れたときには、見栄えがいいものを作れたんだなと嬉しくなります。

また、一緒に仕事をしているパートさん含む先輩方に「上手にできるようになったね」と言われると成長できたのだと嬉しいです!


Q5.入社前と入社後の大津屋のギャップがあれば教えてください

上司や店舗で働く社員、スタッフとの壁をあまり感じないことです。

入社前は同期や年の近い人が少ないイメージがあったので、コミュニケーションとか仕事でやりづらさを感じることがあるのではないかと心配していました。

しかし、実際入社してみると真逆で…!気さくな方が多く、パートさんでも私の仕事の面倒をみてくださり「もっとこうした方がいいよ」といつもアドバイスをしてくれます。

また、店舗のすぐ近くに本部があるのですが、多くの方が「わからないことがあったら何でも聞いて」と声をかけてくれるので安心します。